被害を増やさないために|危険な蜂に近寄らない|安全に退治するなら業者がおすすめ

危険な蜂に近寄らない|安全に退治するなら業者がおすすめ

男女

被害を増やさないために

イタチ

鋭い嗅覚を利用する

野生動物が都市部に近づいているのは土地開発が原因といわれ、家屋に浸入したり作物を荒したりといった害獣被害が広まっています。イタチ被害もその中のひとつですが、人間の持ち込みが原因の害獣です。もともと存在していない種は生態系を壊し続けるため、イタチ駆除は重要な取り組みといえるでしょう。ただし、野生動物を保護する法律がかかわっているため、無許可のイタチ駆除は処罰の対象となる可能性があります。基本的にイタチ駆除は追い払うことを目的にしているため、被害に悩む家庭や農家で活用されているのが忌避剤です。イタチは嗅覚が非常に鋭く、天敵動物の尿や酢といった刺激のある臭いを使用します。広範囲の被害で確実に解決したい場合は、イタチ駆除を専門に扱う業者を検討してみるのも良いでしょう。

侵入口をシャットアウト

嗅覚が鋭くてすばしっこいイタチですが、学習能力の高さゆえに駆除が非常に難しいといわれています。しかし、イタチがイヤな経験をすれば忘れないという意味でもあり、行動を読んで忌避剤を利用すると高い効果が得られるのです。増え続けている家屋内のイタチ駆除であれば、侵入口を遮断したうえで忌避剤を利用すると近づかなくなります。侵入口は数カ所に作られている可能性がありますので、屋根と床下を含めた建物全体をチェックしてみると良いでしょう。また、縄張り意識が強いイタチは侵入口周辺にフンや尿をしますので、意識的にチェックすると発見の機会が高まります。天井裏や高所の作業は危険が伴うため、無理をせずに業者に依頼するのも良策といえるでしょう。