危険な蜂に近寄らない|安全に退治するなら業者がおすすめ

婦人

何をすれば良いのか

ハチの巣

蜂の巣は、蜂の種類によって形状や営巣場所、使用期間が異なります。その対処方法として共通しているのは、巣が小さいうちに退治したほうが簡単ということです。もし巣が大規模になって、対応が困難な場合には、早めに専門業者に相談しましょう。

View Detail

安全が最優先です

蜂の巣

服装と避難場所の確保

蜂の巣の退治をするときには、一にも二にも安全性を確保することが大切です。そのため安全対策を取ることになりますが、いくつものポイントがあります。まずは服装で、露出が少ない服装であることも大切ですが、服の上から刺してくることもあります。厚手の服、あるいは重ね着することも大切です。そして、退治している最中にトラブルが発生したことを考慮して避難場所を近くに確保しておくことも忘れてはいけません。閉鎖された空間に逃げ込めば蜂は侵入してきません。自宅や自動車などに逃げ込むのも良く、自動車を置けない場合はテントを設置するのも有効的です。そして、何よりも自分の手で負えないと思ったら、迷わずに専門家に任せることも大切です。

アレルギー体質のチェック

また、退治をする人は事前に医療機関に相談しておくのも悪くはありません。というのも、蜂に刺されるとアナフィラキシーショックを起こす人がいるからです。これを発症してしまうと死にも至るケースもあるため、防がなくてはなりません。ただし、誰しもが発症するわけではなく、一度蜂に刺された経験がきっかけでアレルギー体質になっている人が対象です。蜂に刺された経験のある人は、強力な防護服を持っている専門業者に任せるのが望ましいでしょう。専門業者を選ぶ際には、ネットの駆除業者ランキングを確認すると良いです。評判の良い業者がランキング順に列挙されているので、自分にマッチする専門業者を発見しやすいでしょう。この際には自分の住んでいる地域が、気になる業者の対応エリアにあるかどうかのチェックです。住んでいる地域が対応エリアでなければ、良い業者でも意味を成さないからです。また、口コミなどで、蜂退治業者の評判を確認するのも良いでしょう。ただし、口コミは依頼人の主観に基づくものなので、100パーセント信じるのではなく、参考程度に留めるのが望ましいです。

被害を増やさないために

イタチ

生態系を守るためにもイタチ駆除は重要な取り組みです。無許可の駆除は法に触れる可能性があるため、忌避剤のように追い払う方法が一般的となっています。侵入口遮断はフンや尿の痕跡を探すと見つけやすくなります。危険な場所の作業は、無理をせず業者に依頼すると安心です。

View Detail

ねずみと生活しないために

ネズミ

ねずみの被害は、家屋の寿命を縮めたり、火災の原因になるだけでなく、衛生面にも及びます。ねずみ駆除の方法は様々なものがありますが、ねずみは警戒心が強く、効果がなかなか表れないこともあります。そんな時には、専門の業者に依頼して早めの対処をしましょう。

View Detail